老化の進行を止められるか

以前に詠んだ本の要約を「BARD」で、さらに要約してもらいました。これを便利というのか横着というのかは、その両面があるように思います。言葉を大切にする政治家(嘘と言い訳で)や詩人でもないのだから、横着できることが、すなわち便利ということで生成AIを使っています。

  • イソフラボンは、納豆や大豆製品に含まれる成分で、骨粗しょう症や更年期障害に効果があるとされている。しかし、過剰摂取は女性ホルモンに似た作用をするため、乳がんや子宮内膜がんのリスクが高まる可能性がある。厚生労働省は、1日あたり30mgを上限としている。
  • コラーゲンは、皮膚や内臓の弾力性を保つ成分である。しかし、加齢とともに減少するため、皮膚のたるみや内臓機能の低下を引き起こす。コラーゲンはサプリで補充しても、体内に吸収されにくいため、効果は期待できない。
  • コエンザイムQ10は、細胞内でエネルギーを産生する役割を持つ成分である。しかし、過剰摂取は酸化ストレスを増加させ、寿命を短くする可能性がある。
  • 女性ホルモンは、女性の健康に欠かせないホルモンであるが、過剰摂取は乳がんや子宮内膜がんのリスクを高める。そのため、欧米では女性ホルモン補充療法のガイドラインが改定され、適応症が限定されるようになった。
  • 男性ホルモンは、男性の骨格や筋肉の発達、精子形成などに重要な役割を持つ。しかし、加齢とともに分泌量が低下するため、男性更年期障害や骨粗しょう症などのリスクが高まる。
  • 細胞の寿命は、約50回程度の細胞分裂で限界を迎える。これはヘイフリック限界と呼ばれ、老化の原因の一つと考えられている。
  • iPS細胞は、体のあらゆる細胞に変化する能力を持つ細胞である。iPS細胞で老化した細胞を若返らせることができれば、老化の治療につながる可能性があると期待されている。

ポイント

  • イソフラボンは、適量摂取すれば健康に良いが、過剰摂取はリスクを高める。
  • コラーゲンは、サプリで補充しても効果は期待できない。
  • コエンザイムQ10は、過剰摂取は寿命を短くする可能性がある。
  • 女性ホルモン補充療法は、適応症が限定されるようになった。
  • 男性ホルモンは、加齢とともに分泌量が低下する。
  • 細胞の寿命は、約50回程度の細胞分裂で限界を迎える。
  • iPS細胞は、老化の治療につながる可能性があると期待されている。

老化の進行を止めるより、戦争や内乱やテロや飢饉を止めることに優秀な頭脳を使うほうが気分がいい。

仮に、不老長寿が開発されたとしても、お金も権力もないのに不老長寿を手にすることはできないし、手にすることができても楽しくもない。かといって、「短くも美しく燃え」るような出来事が起きるわけでもない。

不老長寿は、いつの時代でも最高権力者が求めることで、お金も権力も手に入れたのちに欲しがるもの。

そういえば、平安時代の藤原寛子(道長の長男・頼通の娘で後冷泉天皇の皇后)は、医療もないあの平安時代に92歳の長寿だった。これを超えたのは平成になってからで、香淳皇后(昭和天皇后)の97歳。来年やると言われている紫式部が仕えた藤原彰子(道長の長女)も87歳の長寿で藤原摂関家に君臨した。

Follow me!