工学 engineering
志賀原発は停止中だった

1月1日の能登半島地震で、石川県の志賀原発は停止中であったけれど、外部電源や非常用電源が一部使えなくなった。10年以上停止中だったことが幸いだった。 変圧器が故障して油が漏れ、外部電源5回線のうち2回線が使用不能になった […]

続きを読む
工学 engineering
「ラピダス」という半導体メーカーの勝算

ラピダスとは「Rapidus」と書き、「早い」という意味だとか。ラテン語だそうです。かつては、西洋発の言葉を漢字に置き換えるのに有数の知性が使われてきましたが、いまや、ITや半導体などの先端的な技術の世界においてはカタカ […]

続きを読む
工学 engineering
宇宙は無数にあるのか

太陽系に最も近い恒星はケンタウルス座アルファ星で、地球から4光年。光速なら4年の距離だがボイジャー(秒速17k,/sec)なら7万年以上かかる。 宇宙の年齢は137億年とされていたいが、138億年前とも言われている。「す […]

続きを読む
工学 engineering
量子コンピュータの概略と現状

量子の何たるかを理解することは、通常人にはおよそ不可能と思われるが、そうした世界が現実にあって、一つの方向としては「宇宙」の研究においても不可欠な要素であること。もう一つの方向として、北米を中心に「量子コンピュータ」の開 […]

続きを読む
工学 engineering
正帰還と負帰還

「正帰還(せいきかん)」とは、出力の一部を入力にフィードバックし、符号を逆にせず加算するシステムのこと。入力した信号と同じ向きで信号が帰ってくる。これにより、入力信号が強調される。 「正帰還」とは、燃え出すと温度が上がり […]

続きを読む
工学 engineering
重力が光になる

宇宙は、当然のことであるが「無」から生まれている。その「無」は強大なエネルギーだったとされているが、それが重力だった可能性があるようだとのこと。 重力は「重力子」と呼ばれる目に見えない粒子によって伝達されていると考えられ […]

続きを読む
工学 engineering
グーグルでは、社内での対話型AIに利用規制

いまのところ、人工知能は膨大なデータから、いかに素早く質問に対応する回答らしき語彙を抽出して文章を組み立てるかで、その適格性(それはバックデータの量と解析)と文章生成技術(文法まで踏み込んでいるのかは不明)で各社が争って […]

続きを読む
工学 engineering
イーロン・マスクが中国で別格の待遇のわけ

アメリカ政府は中国に網をかけて絞り込みつつあるが、5月にはアメリカの大企業幹部が続々と中国もうでをしている。ADMのルチアーノ、GMのボラー、リオティントグループのバイ、スターバックスのヌスハイム、JPモルガンのディモン […]

続きを読む
工学 engineering
「ポイント・ネモ」というポイントのこと

ポイント・ネモ(英語: Point Nemo)とは、世界の大洋で最も陸地から離れた地点で、到達不能極の一つ。ニュージーランドとチリのほぼ中間地点、南緯48度52分5秒 西経123度23分6秒の南太平洋上。 wiki それ […]

続きを読む
工学 engineering
「台湾アナリストが分析するラピダス」という記事

日経クロステックというサイトに表記のタイトルの記事がありました。2ページ構成で2ページ目は有料です。有料会員ではないので2ページ目は見られません。 台湾に拠点を置くアナリスト集団のLucy Chenさんによると、ラピダス […]

続きを読む