「枕草子」が描いた世界《其の18》

藤原定子の父である藤原道隆は大酒のみであった。「大鏡」には、下賀茂神社で2升くらいの酒を飲み、牛車の中で寝ているうちに上賀茂神社に着くと、酒に酔っている風にも見えなくしゃっきとしていたというような記述もある。

淑景舎とは、桐壺の事。人として淑景舎が使われるとすれば道隆の次女の藤原原子のことになる。その原子が春宮妃(後の三条天皇)として内裏に住むようになるのが995年のこと。同母姉、藤原定子が住む登花殿を訪問した時の記録になる。

ちなみに、この話が書かれた2か月後に藤原道隆は死ぬ。翌年に伊周と隆家も花山院の牛車に矢を掛けたことで失脚し、中関白家には主たる後見もなく、藤原原子は、子を産むこともなく1002年に死去している。

東宮からは寵愛を受けていたようであるが、wikiによると「突然血を吐いてそのまま頓死した」とのことで、藤原娍子(藤原済時)、あるいはその女房であった少納言の乳母が何かを仕掛けたのではないかとの噂が立った。

その前年の994年には、藤原道隆の病状は進行しており、当人は死期を悟っていた。左大臣に源重信を付け、右大臣に弟の藤原道兼を付ける。道兼の内大臣に、道長、朝光、済時を飛び越えて21歳の伊周が就く。

内大臣は常置されていたポストではないものの、摂政・関白になる可能性が高いポストだった。

995年、年が開けて一条天皇が行う行幸(一条天皇の母であり、道隆の妹である藤原詮子宅であった)に道隆は病状によって参加できなかった。もし、一条天皇が行幸を中止したら詮子は、息子の一条天皇に合うことができなくなる。藤原詮子は怒った。

会議の結果、行幸は行われることとなり、その夜に「大饗」が藤原定子のもとで行われたが、道長、朝光、済時は不参加。主賓は伊周の異母兄の道頼が就いた。伊周は権大納言でしかなかった道頼に馬を引き出物として贈ったが、これとて、大臣から大臣への作法であり、当時の貴族は伊周のありようにげんなりしていた。

そんな中、藤原原子が東宮の女御となり桐壺に入り、登花殿の実姉である藤原定子を訪問したという話。中関白家は、音を立てて崩れつつあった。

まだこなたにて御髮(おぐし)などまゐるほど、「淑景舎(しげいしゃ)は見奉りたりや」と問はせ給へば、「まだいかでか。積善寺(せきぜんじ)供養の日、ただ御後(おんうしろ)ばかりをなむ、はつかに」と聞ゆれば、「その柱と屏風とのもとに寄りて、わが後より、みそかに見よ。いとをかしげなる君ぞ」と、のたまはするに、うれしく、ゆかしさまさりて、いつしかと思ふ。

藤原定子は御髪を櫛でけずられている時に、「あなたは淑景舎を見たことがありますか」とお聞きになるので、「まだです。積善寺の供養の日に、ただ後ろ姿だけを少し拝見しましたが」と申し上げると、「そこの柱と屏風との間に寄って、私の後ろから、少し見てみなさい。淑景舎はとても美しいお方ですよ」とおっしゃるので、嬉しくて、見たい気持ちが強くなって、いつかいつかと思う気持ちが勝っていた。

御膳(おもの)のをりになりて、御髮(みぐし)上(あげ)まゐりて、蔵人ども、御まかなひの髮上げて、まゐらする程は、隔てたりつる御屏風も押しあけつれば、垣間見の人、隠れ蓑取られたる心地して、あかずわびしければ、御簾(みす)と几帳との中にて、柱のとよりぞ見奉る。衣の裾、裳などは、御簾の外(と)に皆押し出だされたれば、殿、端の方より御覧じいだして、(道隆)「あれは誰そや。かの御簾の間より見ゆるは」と、咎めさせたまふに、「少納言が、物ゆかしがりて侍るならむ」と申させ給へば、「あなはづかし。かれは古き得意を。いとにくさげなる娘ども持たりともこそ見侍れ」などのたまふ御けしき、いとしたり顔なり。

朝のお食事の時になって、屏風も押し開けてしまったので、私のように覗き見をしていた人は、隠れ蓑を取られてしまったような気持ちになって、それでも見れないのは残念なので、御簾と几帳との間に入って、柱の外側の所から拝見した。関白(道隆)様が端の方からこれを御覧になって、「あれは誰かな。あちらの御簾の間から見えているのは」とお咎めになられたので、「少納言が、様子を見たがっているのでしょう」と中宮がお答えになり、「あぁ、恥ずかしい。清少納言は古くからの知り合いなのに。とても情けない娘達を持っていると見られてしまう」などとおっしゃるご様子は、とても自慢顔である。

中宮に許されて、のぞき見をしている清少納言を見とがめた藤原道隆が「とても情けない娘達を持っているオヤジだことと思われてしまうのは恥ずかしい」などと冗談を得意げに言っている道隆であるが、この2か月後には死ぬ。

感覚的には不思議なことだけれど、藤原定子、原子、伊周。伊周の息子の松君、父親の藤原道隆がいるところに、突如として一条天皇がやってきて御帳台(ベッド)に入り、定子とSEXをする。その夜にも一条天皇から定子に清涼殿に来るようにと誘いがあった。

当初は嫌がったものの道隆が「はや登らせ給へ」とのことで、再度、SEXをしに清涼殿に向かった。

Follow me!