世相 de お役立ち
お笑い芸人のスキャンダル

お笑い界の重鎮が「性加害問題」で名誉棄損とかで裁判するとかしないとか騒ぎを起こしている。 どちらが正しいのかはいずれ裁判で決着がつくけれど、彼の話術が、お茶の間に笑いを届けてきたことからすれば、こうしたことが話題になるだ […]

続きを読む
世相 de お役立ち
政治的裏切り

Newsweekの記事で「『究極の政治的裏切り』を先に決断するのは、プーチンかゼレンスキーか?」という厳しいタイトルの記事がありました。 ドゴールは「祖国か世論かのいずれかを裏切らねばならないときがある」と言っています。 […]

続きを読む
世相 de お役立ち
「侏儒の言葉」の意味するところ

そもそも、「侏儒」とはなにかといえば、「並外れて背丈が小さな人」と言う意味だそうです。差別用語でもあるようなことも書かれていますが、今ではそのような受け取り方をする人も少ないでしょう。 別の意味として「見識のない人」とし […]

続きを読む
世相 de お役立ち
「カムイ伝」から考える身分

日本社会における被差別民の本を読んでいたら田中優子女史の「カムイ伝講義」という本をみつけ、図書館から借りてきました。冒頭、少し読んだら白土三平の「カムイ伝」を見たくなり、図書館から借りてきました。 第1巻が1,492ペー […]

続きを読む
世相 de お役立ち
「政党交付金」とは、なんぞや

旧NHK党(政治家女子48党)に、今年度は3億3443万円が支払われるのだそうだ。それを掘り下げるという記事があったので、さらに自分にわかるようにまとめてみる。 お題目としての目的は「健全な民主主義がどうしたこうした」と […]

続きを読む
世相 de お役立ち
「世界汚職ランキング」でウクライナとロシアは?

180ヵ国を対象にしています。ドイツに拠点を置く国際的な汚職監視団体「トランスペアレンシー・インターナショナル」が発表しています。 黄色いところはマシな国で、赤色はマシじゃない国になります。日本は18位。ベルギー、イギリ […]

続きを読む
世相 de お役立ち
哲学してますか

普通に生活している分には「哲学」など、かすりもしません。 「東洋経済」に「なぜ哲学は多くの人が挫折する学問なのか?」という記事があったのでざっと目を通してみましたが、感想とすると「挫折」どころか、「無意味」「無価値」であ […]

続きを読む
世相 de お役立ち
ひたすら

「ひらすら」を漢字にすると「只管」と書く。音読みでは「しかん」で、語源は曹洞宗にあるようだ。道元が北条時頼に呼ばれて鎌倉に来た時にどうこうしたというような、同じような記事がたくさんアップされている。 ここに石碑が立ってい […]

続きを読む
世相 de お役立ち
時間をかけて学んでもすぐに忘れる

時間をかけて学んでもすぐに忘れる学習法を「虚無学習」というらしい。 学びを定着させる方法としていくつかを上げてみる。 人に教える要約する書き込んでいく 結論からすると、どれをやっても覚える速度より忘れる速度のほうが圧倒的 […]

続きを読む
世相 de お役立ち
ジャニーズという巨悪は、ひたすら醜悪

2023年10月2日に記者会見を行い、質問に当てられない記者から怒号が巻き起こり、それに対して、いかにも「常識人」を気取っているジャニーズタレントが、 「落ち着いて行きましょ。じっくり行きましょ」「小さな子どもたち、ジャ […]

続きを読む